医療費の主な使い道は薬の製造・開発である

医療の研究・技術が進歩しても医療費が下がることはない

日本も国が医者を管理するようになれば、心臓手術では12年待たされるというイギリスのような医療になりかねない。医者は、医療費抑制のために国から締めつけられる。他方、患者は「医療は絶対的で、安心できるものだ」というイメージを植え込まれている。これでは、いつまで経っても医者に向けられるまなざしは期待と攻撃の入り混じったものであり、国の政策と患者の要求の狭間で、ジレンマに引き裂かれてしまう。医療費抑制政策を押し進めれば、結局は医療の崩壊をもたらし、最終的には患者が追いつめられてしまう。

私たちはイギリスの医療事情を他山の石とすべきだろう。人間の健康への欲望が医療を崩壊させる。健康で長生きしたいという願望は誰にでもある。だからこそ、怪しげな健康食品があらゆるメディアに広告をだし、私たちは毎日それを目にしている。それはまさしく人間の欲望を反映しているかのようだ。たとえ人前では、「人間の命は永遠ではない」「そんなに長生きしたくないですよ」といっている人でも、いざ自分が死に直面してみると絶対的な生を求めてしまうものだ。それが人間の遺伝子に組み込まれた生きる欲望なのかもしれない。

だからこそ、自分が重い病気になったり、家族が生死の境をさまよう事態に向き合うと、医者と必死に対峙することになる。その必死さが度を過ぎると、医者に対するある種の不寛容があからさまになってしまう。少しのミスも許さないという姿勢、あるいは現代医療に対する過信から、「どんな病気でも治せない医者はおかしい」「病院へ行ったのに病状が悪化するのは医者の腕が悪いせいだ」という論理になってくる。
日本人で八重洲 肩のこりに悩まされている方は結構いらっしゃると聞きました。ダメ元で、病院なり整骨院なりに行ってみてはいかがでしょうか。もしかしたら完治するかもしれませんよ!
現在多くのB型肝炎患者は和解の方向へ進んでいるそうです。いつか全ての患者さんと国が和解しあって、誰もが完全治癒し、感染者数がゼロになることを望みます。
自然公園などが多く、緑溢れる三鷹 マッサージ屋に通い始めて3ヶ月、だいぶ肩や腰の痛みが楽になってきて、効果を実感してきました。よい環境に囲まれて、健康にもなったように思います。
悩み別に、婦人科形成についてとても詳しく紹介してあるホームページがあったので、とても参考になりました。都内のクリニックについての比較もしています。


発熱や喀疲が多いことは重症度とは関連しないと医者はわかっていても、患者が投薬を要求すれば薬を出さないわけにはいかない。高血圧症や高脂血症という慢性疾患は、状態が落ち着けば、自己管理に持っていくべきだろう。大学病院でなんでも診療をすることこそ、無駄だけでなく、救急医療への妨げとなる。

ただし何が無駄であるかを、きちんと科学的に証明する大きな調査は必要だ。それを実施するのは大きな問題かもしれない。③臨床医と研究者を明確にわける大学病院は臨床、研究、教育という3本柱を守り続けている。もちろんこれらは関係の深いものであるから切り離すには抵抗があろう。しかし、役立たない研究を続ける大学病院の研究者が半分以上である。

新着情報
2013/09/25 注目情報を更新しました。
2013/09/21 新着記事を更新しました。
2013/09/20 医療形態の変化を更新しました。
2013/09/17 医療費の値上げを更新しました。
2013/09/15 医学は科学ではないを更新しました。
2013/09/13 患者からの攻撃を更新しました。
2013/09/12 医療の研究・技術が進歩しても医療費が下がることはないを更新しました。
2013/09/09 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
ナースエージェントe-ナースナース人材バンク
全国の看護師求人情報を検索できる。紹介会社や派遣会社への登録もでき、希望の求人を見つけやすい。20年の実績があり、全国の医療機関の看護師求人採用をサポートするサイトです。転職実績の高い看護師求人・転職支援サイト。地域専任のコンサルタントが転職支援。